トルツ ® (イキセキズマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルツ(イキセキズマブ):IgG4とIgG1の違いは?

サブクラスよってヒンジ領域の構造やFcドメインに違いがあり、それぞれのサブクラスでFcγ受容体に対する親和性が異なり、Fcγ受容体の発現パターンによって結合する細胞が異なります。

[解説]

サブクラスよってヒンジ領域の構造やFcドメインに違いがあり、それぞれのサブクラスでFcγ受容体に対する親和性が異なり、Fcγ受容体の発現パターンによって結合する細胞が異なります。また、サブクラスにより抗体依存性細胞障害(ADCCAntibody-Dependent Cell-mediated Cytotoxicity)活性や補体依存性細胞障害(CDCComplement-Dependent Cytotoxicity)活性が異なり、IgG4は他のサブタイプと比較してADCC活性が低くCDC活性を有さないという特徴があります。


IgGは、IgG1IgG2IgG3IgG44つのサブクラスに分けられ、ヒンジ領域の構造やFcドメインに違いがあります。Fcドメインの違いにより、それぞれのサブクラスでFcγ受容体に対する親和性が異なり、Fcγ受容体の発現パターンによって結合する細胞が異なります。IgG1は血漿中で最も多く存在するIgGで(総IgGに占める割合は4575%)、単球、好中球、好酸球、NK細胞に結合します。IgG4は、総IgGに占める割合は112%4つのサブクラスの中で最も少なく、単球、好中球に結合します1) 2)

また、サブクラスによりADCC活性やCDC活性が異なります。IgG4は他のサブタイプと比較してADCC活性が弱くCDC活性を有さないという特徴があります1) 2)



[引用元]

  1. Pharham, P.: エッセンシャル免疫学 第3The Immune System (forth edition), 81-109, 2016AIM00502

  2. Vidarsson, G. et al.: Frontiers in Immunology, 5, 520, 2014AIM00505

最終更新日: 2022年8月15日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約