オルミエント ® (バリシチニブ)

有害事象ご報告のお願い(適応症:COVID-19専用)
COVID-19感染拡大防止の観点により、上記のリンクに有害事象の報告方法を掲載しております。
オルミエント®をCOVID-19の治療目的で使用し、有害事象をご経験された場合はご覧ください。

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

<関節リウマチ、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症>各疾患におけるオルミエント(バリシチニブ)の投与量別の有害事象の発現頻度は?

関節リウマチ、アトピー性皮膚炎及び円形脱毛症の各臨床試験併合解析における、バリシチニブ2mg群と4mg群でのTEAE, 死亡、重篤な有害事象及び治験薬投与中止に至った有害事象等について以下にお示します。

解説]

本剤は、国内外の試験成績に基づいて承認されました。このため、一部国内の承認効能又は効果、用法及び用量と異なる成績が含まれています。


<関節リウマチ>

無作為割り付けされたバリシチニブ2 mg 及び4 mg群がある国内外臨床試験(第Ⅱ相及び第Ⅲ相試験)4試験の併合解析により、バリシチニブ2 mg4 mgの安全性を比較しています(表121

その結果、TEAEはバリシチニブ2 mg61.4%、4 mg65.8%、死亡例はバリシチニブ2 mg0%、4 mg0.2%でした。また、重篤な有害事象はバリシチニブ2 mg3.1%、4 mg4.6%、及び治験薬投与中止に至った有害事象はバリシチニブ2 mg3.5%、4 mg4.6%でした1

CPKLDLコレステロール、血小板数の臨床検査値、及び上気道感染、帯状疱疹など非重篤な感染症の発現割合はバリシチニブ2 mg群と比較して4 mg群で高くなりました1


1 関節リウマチ患者を対象とした4試験の併合解析 バリシチニブ 2 mg vs 4 mg16週まで)で認められた有害事象の要約

n()

プラセボ群

n=551

バリシチニブ2mg群 (n=479

バリシチニブ4mg群(n=479) 

TEAE

326(59.2)

294(61.4)

315(65.8)

死亡

1(0.2)

0

1(0.2)

重篤な有害事象

22(4.0)

15(3.1)

22(4.6)

治験薬投与中止に至った有害事象

17 (3.1)

17 (3.5)

22 (4.6)

治験薬投与中断に至った有害事象

39 (7.1)

46 (9.6)

58 (12.1)

JADAJADNJADWJADX 試験


2  バリシチニブ投与により発現増加が認められた有害事象名

n[曝露期間あたりの発現率(人・年)]

n()

プラセボ群

n=551

バリシチニブ2mg群 (n=479

バリシチニブ4mg群(n=479) 

上気道感染

77[40.8]

91[49.0]

100[53.3]

帯状疱疹

2[1.0]

6[3.1]

10[5.2]

悪心

13[6.9]

14[7.5]

16[8.5]

LDLコレステロールの上昇

60 (17)

123 (33.3)

143 (38.5)

130mg/dL以上

JADAJADNJADWJADX 試験


<アトピー性皮膚炎>

無作為割り付けされたバリシチニブ2 mg及び4 mg群がある国内外臨床試験(第Ⅱ相及び第Ⅲ相試験)5試験の併合解析により、バリシチニブ2 mg4 mgの安全性を比較しています(表342、(表53

その結果、TEAEの調整済み発現割合(調整済みIR)は、バリシチニブ2 mg63.8%(237.4)、4 mg72.1%(217.4)、死亡例はバリシチニブ2 mg4 mg群ともに0%でした。また、重篤な有害事象の調整済み発現割合(調整済みIR)は、バリシチニブ2 mg1.6%(2.7)、4 mg6.8%(8.5)、及び治験薬投与中止に至った有害事象はバリシチニブ2 mg2.4%(3.8)、4 mg5.0%(7.0)と、2mg群と比較して4mg群で高くなりました(表32

アトピー性皮膚炎患者を対象とした国内外臨床試験(第Ⅱ相及び第Ⅲ相試験)4試験の併合解析セットにおいて、比較的よく見られる有害事象の調整済み発現割合は、血中CPK増加はバリシチニブ2 mg1.3%、4 mg4.2%、下痢はバリシチニブ2 mg1.1%、4 mg2.6%と、2mg群と比較して4 mg群で高くなりました(表42 

単純ヘルペスの調整済み発現割合は、バリシチニブ2 mg2.5%、4 mg2.8%でした(表42

一方で、バリシチニブとTCSを併用した第III相試験の併合解析セットにおける単純ヘルペスウイルス感染症の発現割合は、バリシチニブ2 mg4.2%、4 mg8.7%であり、2 mg群と比較して4 mg群で高くなりました。これらのうちいずれの群においても、重篤な事象は認められませんでした(表53


3 アトピー性皮膚炎患者を対象とした5試験の併合解析 バリシチニブ 2 mg vs 4 mgで認められた有害事象の要約


バリシチニブ2mg

 (n=392

バリシチニブ4mg

n=397) 

n (調整済み%) 調整済みIR

n (調整済み%) 調整済みIR

TEAE

245 (63.8) 237.4

280 (72.1) 217.4

死亡

0

0

重篤な有害事象

7 (1.6) 2.7

25 (6.8) 8.5

治験薬投与中止に至った有害事象

9 (2.4) 3.8

21 (5.0) 7.0

長期継続試験を含む無作為割付けされた本剤2 mg及び4 mg群並びにプラセボ群を有する二重盲検比較試験5試験(JAHG試験、JAHL試験、JAHM試験、JAIY試験及びJAHN試験)の併合解析。ただし、JAHN試験は、Open-label addendumのデータは含めず、さらに用量変更時(被験者が他の用量に再無作為割付けされたあと)はデータを打ち切りとした

データカットオフ日:201972

調整済み%:研究サイズによって調整された患者の割合

調整済みIR:研究サイズによって調整されたIR

 

4 いずれかの群で2.0%以上に認められた有害事象の発現例数及び調整済み発現割合

n()

プラセボ群

n=650

バリシチニブ2mg群 (n=392

バリシチニブ4mg群(n=397) 

上咽頭炎

71(11.0)

41(10.7)

43(10.2)

頭痛

22(3.3)

26(7.4)

28(7.5)

血中クレアチンホスホキナーゼ増加

4(0.6)

6(1.3)

16(4.2)

上気道感染

14 (2.1)

17 (4.0)

13 (3.3)

単純ヘルペス

7 (1.1)

9 (2.5)

11 (2.8)

下痢

12(1.8)

4(1.1)

10(2.6)

毛包炎

10(1.5)

8(1.9)

10(2.2)

上腹部痛

8(1.2)

7(2.0)

9(2.4)

尿路感染

8(1.2)

5(1.2)

8(2.1)

JAHGJAHLJAHM、及びJAIY試験(16 week placebo-controlled period

調整済み%:研究サイズによって調整された患者の割合

 

5 バリシチニブとTCSを併用した第III相試験の併合解析セットにおける単純ヘルペスウイルス感染症の発現状況


プラセボ群

n=250

バリシチニブ2mg群 (n=330

バリシチニブ4mg群(n=241) 

n (%) 

調整済み発現例数

n (%) 

調整済み発現例数

n (%) 

調整済み発現例数

単純ヘルペスウイルス感染症

8 (3.2) 

11.6

14 (4.2) 

14.4

21 (8.7) 

29.3

 うち重篤な事象

0

0

0

0

0

0

JAHGJAIN及びJAIY試験

口腔ヘルペス、カポジ水痘様発疹、ヘルペス性状湿疹、眼部単純ヘルペス、陰部ヘルペスを含む

調整済み発現例数:総曝露期間で調整した100人年あたりの発現例数


<円形脱毛症>

無作為割り付けされたバリシチニブ2 mg及び4 mg群がある、長期投与期間を含む国内外臨床試験2試験の併合解析による、バリシチニブ2 mg4 mgの安全性の比較は以下(表6の通りであり、重篤な有害事象、治験薬の投与中止に至った有害事象及びTEAEの曝露期間で調整した発現率に、バリシチニブ2 mg群とバリシチニブ4 mg群で差は認められませんでした4

6 円形脱毛症患者を対象とした2試験(第Ⅱ/相:JAHO試験及び第Ⅲ相:JAIR試験)の併合解析 バリシチニブ 2 mg vs 4 mgで認められた有害事象の要約


バリシチニブ2mg群 
n=564

バリシチニブ4mg
n=951) 

n (%) IR

n (%) IR

TEAE

351 (62.2) 119.0

604 (63.5) 115.9

死亡

0

0

重篤な有害事象

18 (3.2) 3.0

36 (3.8) 3.3

治験薬投与中止に至った有害事象

10 (1.8) 1.6

23 (2.4) 2.1

データカットオフ日:JAHO2021823日)、JAIR2021830日)


また、比較的よく見られるTEAEを評価したところ、共通して発現割合の高かったTEAEは、上気道感染、頭痛、上咽頭炎、ざ瘡、尿路感染、及び血中クレアチンホスホキナーゼ増加でした(表74。またCOVID-19の発現割合が高くなりましたが、COVID-19パンデミックの影響と考えられました4。なお、血中クレアチンホスホキナーゼ増加の曝露期間で調整した発現率は、バリシチニブ4mg群でバリシチニブ2mg群と比べて高くなりました4

7  円形脱毛症患者を対象とした2試験(第Ⅱ/相:JAHO試験及び第Ⅲ相:JAIR試験)の併合解析 いずれかの群で 2.0%以上に認められた TEAEの発現例数及び発現割合(抜粋)

n()

バリシチニブ2mg群 (n=564

バリシチニブ4mg群(n=951) 

上気道感染

478.3

656.8

頭痛

346.0

616.4

上咽頭炎

234.1

545.7

ざ瘡

285.0

48 (5.0)

尿路感染

285.0

404.2

COVID-19

152.7

434.5

血中クレアチンホスホキナーゼ増加

71.2

464.8


データカットオフ日:JAHO2021823日)、JAIR2021830日)



[引用元]

  1. オルミエント 申請資料概要(関節リウマチ)(CTD 2.7.4.2.1.6.3)(承認時評価資料

  2. オルミエント 申請資料概要(アトピー性皮膚炎)(CTD2.7.4.2.1)(承認時評価資料)

  3. オルミエント 審査報告書(アトピー性皮膚炎)

  4. オルミエント 申請資料概要(円形脱毛症)(CTD 2.7.4.2)(承認時評価資料)



[略語]

CPK = クレアチンホスホキナーゼ

IR = 発現率

LDL = 低比重リポタンパク

TCS = ステロイド外用剤

TEAE = 治験薬投与後に発現した事象又は治験薬投与前と比較して重症度が悪化した事象


最終更新日: 2022年4月25日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約