ヒューマトロープ ® (ソマトロピン(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

成長ホルモン分泌刺激試験を実施する前に、ヒューマトロープ(ソマトロピン)の適応対象となる成長ホルモン分泌不全症の患者をスクリーニングする方法はないか?

成人成長ホルモン分泌不全症の確定診断において、負荷試験を実施する対象のスクリーニングの手段となる臨床検査はありません。

解説

成人成長ホルモン分泌不全症(GHD)の確定診断には成長ホルモン分泌刺激試験が必須であり、対象患者をスクリーニングすることのできる検査はありません。なお、成長障害の既往、頭蓋内器質性疾患の合併ないし既往歴、治療歴または周産期異常の存在に、自覚症状(※1)及び身体所見(※2)が認められるとされています1

1:易疲労感、スタミナ低下、集中力低下、気力低下、うつ状態、性欲低下など

2:皮膚の乾燥と菲薄化、体毛の柔軟化、体脂肪(内臓脂肪)の増加、ウェスト/ヒップ比の増加、除脂肪体重の低下、骨量の低下、筋力低下など

[参考資料]

1. 間脳下垂体機能障害の診断と治療の手引き(平成30年度改訂) 成人成長ホルモン分泌不全症の診断と治療の手引き

最終更新日: 2020 M04 01


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約