ヒューマトロープ ® (ソマトロピン(遺伝子組換え))

添付文書

以下の回答は質問にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

低身長治療から、成人成長ホルモン分泌不全症治療への移行(トランジション)の場合、最終身長に到達してから、ヒューマトロープ(ソマトロピン)による成人成長ホルモン分泌不全症の治療を開始するのか?

移行ガイドラインでは、成人成長ホルモン分泌不全症の治療適応となる症例では、たとえば、成長率≤1 cm/年ないし、骨端線閉鎖を認めた時点で、なるべく早期に成長ホルモン治療を再開するとされています。

解説

小児の成長ホルモン分泌不全性低身長の身長促進を目的とした治療を終了し、成人成長ホルモン分泌不全症の治療を開始する場合は、再度、成長ホルモン分泌刺激試験を行い、成人成長ホルモン分泌不全症の適応判定を行なう必要があります1

「成長ホルモン分泌不全性低身長症の小児期の成長ホルモン治療から成人期の成長ホルモン治療への移行ガイドライン」では、成人成長ホルモン分泌不全症の治療適応となる症例では、たとえば、成長率≦1 cm/年ないし、骨端線閉鎖を認めた時点で、なるべく早期に成長ホルモン治療を再開するとされています22)

[参考資料]

1. 間脳下垂体機能障害の診断と治療の手引き(平成30年度改訂) 成長ホルモン分泌不全症の小児期から成人期への移行・トランジションの診断と治療の手引き(平成30年度作成)

2. 日本小児内分泌学会成長ホルモン委員会. 日本小児科学会雑誌 2006; 110(10):1475-1479

最終更新日: 2020 M03 27

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

オンライン面談予約