ヒューマトロープ ® (ソマトロピン(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

成人成長ホルモン分泌不全症に対するヒューマトロープ(ソマトロピン)の投与量は血清IGF-I濃度を指標として調整するとされているが、血清IGF-I濃度をどの程度に維持するよう用量調整すればよいのか? IGF-Iの基準値は?

治療経過中は定期的に血中IGF-I 値を測定し、年齢・性別基準範囲内であることを確認してください。

解説

治療経過中は定期的に血中IGF-I値を測定し、年齢・性別基準範囲内1であることを確認してください2,3。年齢・性別基準範囲は文献1をご参考ください。

[参考資料]

1. Isojima T et al. Standardized centile curves and reference intervals of serum insulin-like growth factor-I (IGF-I) levels in a normal Japanese population using the LMS method. Endocrine Journal 2012; 59(9):771-780

2. ヒューマトロープ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Humatrope/PDF/HMT_PI.pdf

3. 間脳下垂体機能障害の診断と治療の手引き(平成30年度改訂) 成人成長ホルモン分泌不全症の診断と治療の手引き

最終更新日: 2020 M03 27

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約