ヒューマログ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ヒューマリン(インスリンヒト)、ヒューマログ(インスリンリスプロ)は、肝機能障害患者に投与できるか?

重篤な肝機能障害患者に対するヒューマリン(中間型及び混合製剤含む)やヒューマログ(混合製剤含む)の投与は低血糖を起こしやすいため、慎重に投与して下さい。

重篤な肝機能障害患者に対するヒューマリン(中間型及び混合製剤含む)、ヒューマログ(混合製剤含む)の投与は低血糖を起こしやすいため、慎重に投与して下さい1)


重篤な肝機能障害患者では、肝臓及び末梢組織でのインスリン抵抗性の増加のために、インスリン必要量は通常より多くなることがあります。また、肝障害が進行してくると、血糖調節能力が低下すること、及び低血糖が遷延することがあります2,3)

したがって、重篤な肝機能障害患者では、用量の設定を慎重に行ってください。



[参考資料]

1) 各ヒューマリン製剤/各ヒューマログ製剤 添付文書

2) 兼子俊男ほか. からだの科学, 1991;156:73-75,

3) 石田 俊彦ほか. 糖尿病最新の治療2004-2006,2004:259-262

最終更新日: 2019 M08 01


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約