ヒューマログ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ヒューマリン(インスリンヒト)、ヒューマログ(インスリンリスプロ)は、腎機能障害患者や透析患者に投与できるか?

重篤な腎機能障害患者に対するヒューマリン(中間型及び混合製剤含む)やヒューマログ(混合製剤含む)の投与は、低血糖を起こしやすいため、慎重に投与して下さい。

解説

重篤な腎機能障害患者に対するヒューマリン(中間型及び混合製剤含む)、ヒューマログ(混合製剤含む)の投与は、低血糖を起こしやすいため、慎重に投与して下さい1,2

軽度の腎機能障害(GFR40mL/min)では、腎臓のインスリンクリアランスに変化を認めませんが、GFR1520mL/min 以下になるとインスリンクリアランスが低下、インスリンの血中半減期は延長することが知られています3。したがって、重篤な腎機能障害患者では、用量の設定を慎重に行って下さい。

<参考>
透析患者におけるインスリン療法については、日本透析医学会の「血液透析患者の糖尿病治療ガイド20124に以下のように記載されています。

1.インスリン分泌が廃絶した1型糖尿病患者では、インスリン注射の絶対的適応であり、13~4回の強化インスリン療法が必要である。
2
.単一あるいは複数の経口血糖降下薬を使用しても十分なコントロールが得られない2型糖尿病透析患者に対しても、インスリン注射の適応となる。

[参考資料]

1. ヒューマリン 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/ja/diabetes/humulin/sub_index.aspx

2. ヒューマログ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/ja/diabetes/humalog/sub_index.aspx

3. 石川和夫 他. 臨牀透析, 1987; 3(1):23-26

4. 日本透析医学会. 日本透析医学会雑誌, 2013 ; 49(3) : 311-357p.340-343

最終更新日: 2020 M03 03


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約