ヒューマログ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ヒューマリン(インスリンヒト)、ヒューマログ(インスリンリスプロ)を小児に投与する場合の注意点は?

成長及び活動性に応じてインスリンの需要量が変化するので、定期的に検査を行うなどして投与してください。なお、ヒューマログミックス25注、ヒューマログミックス50注は小児等に対する安全性及び有効性は確立していません。

成長及び活動性に応じてインスリンの需要量が変化するので、定期的に検査を行うなどして投与してください1)


小児糖尿病の治療では、成長する時期であるので固定したプログラムでは治療できず、個人個人で適合させることが必要です。また、ときに寛解期が見られることがあるので注意してください。なお、発症後23年でインスリン分泌必要量は1.0単位/kg/day程度となり、さらに思春期では必要量が1.52単位/kg/day程度に増加するとの報告があります2)


なお、ヒューマログミックス25、ヒューマログミックス50の国内臨床試験は18歳以上を対象として実施しており、小児等に対する安全性及び有効性は確立していません3)



[参考資料]

1) 各ヒューマリン製剤/ヒューマログ注 添付文書

2) 小林浩司ほか. 小児科診療 2002; 65(増刊):404-419

3) ヒューマログ混合製剤 添付文書

最終更新日: 2019 M08 01


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約