ヒューマログ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ヒューマログ注(インスリンリスプロ)の持続皮下インスリン注入療法(CSII)における安全性、有効性は?

外国臨床試験においてヒューマログ注を持続皮下注入ポンプにて投与した場合、従来のインスリンR製剤と比較してHbA1c値及び朝食後1時間血糖値の有意な低下が認められ、血糖コントロールが改善することが示されました。また、30日間あたりの低血糖症発現頻度はヒューマログ注で8.6回、インスリンR製剤で10.8回でした。

[解説]

外国臨床試験においてヒューマログ注を持続皮下注入ポンプにて投与した場合、従来のインスリンR製剤と比較してHbA1c*値(平均値:ヒューマログ注;7.66%、インスリンR製剤;8.00%p=0.0041])及び朝食後1時間血糖値(平均値:ヒューマログ注;152 mg/dL、インスリンR製剤;177 mg/dLp=0.0498])の有意な低下が認められ、血糖コントロールが改善することが示されました。また、30日間あたりの低血糖症発現頻度はヒューマログ注で8.6回、インスリンR製剤で10.8回でした1) 2)


*本試験で測定されたHbA1c値は、NGSP値として標準化される前に測定された値です。



[引用元]

  1. ヒューマログ注100単位/mL 電子添文

  2. Zinman, B. et al.: Diabetes, 46(3): 440-443, 1997HMN06719



[略語]

NGSP=全米グリコヘモグロビン標準化プログラム

最終更新日: 2022年6月23日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約