アリムタ ® (ペメトレキセドナトリウム水和物)

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

アリムタ(ペメトレキセド)は日本病院薬剤師会の「抗悪性腫瘍剤の院内取り扱い指針 抗がん剤調製マニュアル」でどの危険度に分類されていますか? また、壊死性の薬剤ですか?

アリムタは危険度Ⅱに分類されています。また、アリムタは壊死性の薬剤ではありません。

日本病院薬剤師会の「抗悪性腫瘍剤の院内取り扱い指針 抗がん剤調製マニュアル」平成2110月改定版において、抗悪性腫瘍剤の危険度はⅠ~Ⅳに分類され、アリムタは危険度Ⅱ*に分類されています1)

アリムタは壊死性ではなく、EUSPC(Summary of Product Characteristics)では「Pemetrexed is not a vesicant.」と記載されています。



*危険度Ⅱ:①動物実験において催奇形性、胎児毒性または発がん性が報告されているもの②動物において変異原性(in vivoあるいはin vivto)が報告されているもの、上記のいずれかに該当し、Ⅰに該当しないもの



[参考資料]

1) 遠藤一司ほか編 抗悪性腫瘍剤の院内取り扱い指針 抗がん薬調製マニュアル 第3, 監修 日本病院薬剤師会, じほう, 2014; p255


最終更新日: 2018 M05 10


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約