アリムタ ® (ペメトレキセドナトリウム水和物)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

非小細胞肺癌の組織型別でアリムタ(ペメトレキセド)の有効性に違いはありますか?

臨床試験において、非小細胞肺癌の組織型別にアリムタの有効性を検討した結果、非扁平上皮癌と比較して扁平上皮癌の生存期間が短いことが報告されております。

解説

非小細胞肺癌の一次治療としてゲムシタビン+シスプラチンとアリムタ+シスプラチンを比較した海外第Ⅲ相無作為化比較試験(JMDB試験)におけるアリムタ群の腺癌、大細胞癌患者の生存期間中央値は、腺癌12.6ヵ月、大細胞癌10.4ヵ月であり、アリムタ群の扁平上皮癌患者の生存期間中央値は、9.4ヵ月でした1

既治療の非小細胞肺癌に対するタキソテールとアリムタを比較した海外第Ⅲ相試験(JMEI試験)におけるアリムタ群の腺癌、大細胞癌患者の生存期間中央値は、腺癌9.0ヵ月、大細胞癌12.8ヵ月、アリムタ群の扁平上皮癌患者の生存期間中央値は、6.2ヵ月でした2

<参考>

既治療の非小細胞肺癌を対象としたアリムタ単剤の国内第Ⅱ相試験(NS01試験)での非扁平上皮癌患者における生存期間中央値は、16.0ヵ月、扁平上皮癌患者における生存期間中央値は9.3ヵ月でした3

[参考資料]

1. Scagliotti GV, Parikh P, von Pawel J, et al. Phase III study comparing cisplatin plus gemcitabine with cisplatin plus pemetrexed in chemotherapy-naive patients with advanced-stage non-small-cell lung cancer. J Clin Oncol. 2008;26(21):3543-3551. https://doi.org/10.1200/JCO.2007.15.0375

2. Scagliotti G, Hanna N, Fossella F, et al. The differential efficacy of pemetrexed according to NSCLC histology: a review of two phase III studies. Oncologist. 2009;14(3):253-263. http://dx.doi.org/10.1634/theoncologist.2008-0232

3. Ohe Y, Ichinose Y, Nakagawa K, et al. Efficacy and safety of two doses of pemetrexed supplemented with folic acid and vitamin B12 in previously treated patients with non-small cell lung cancer. Clin Cancer Res. 2008;14(13):4206-4212. http://dx.doi.org/10.1158/1078-0432.CCR-07-5143

最終更新日: 2020 M05 22


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約