アリムタ ® (ペメトレキセドナトリウム水和物)

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

アリムタ(ペメトレキセド)による発疹が発現した際は、どのように対処したら良いですか?

アリムタに関連した発疹の治療に対して、推奨される特別な方法はありません。

解説

アリムタに関連した発疹の治療に対して、推奨される特別な方法はありません。
海外で実施された臨床試験では、発疹はデキサメタゾン投与によって改善し、アリムタの治療中止で消失することが報告されています1-3

また、抗癌剤の皮膚障害に関する総説文献では、アリムタの発疹について「多くは掻痒性発疹で、ほとんどの症例は軽症で、抗ヒスタミン剤とデキサメタゾンを投与することで予防あるいは緩和できるものである」と報告されています4

[参考資料]

1. Thödtmann R, Depenbrock H, Dumez H, et al. Clinical and pharmacokinetic phase I study of multitargeted antifolate (LY231514) in combination with cisplatin. J Clin Oncol. 1999;17(10):3009-3016. http://dx.doi.org/10.1200/JCO.1999.17.10.3009

2. Rusthoven JJ, Eisenhauer E, Butts C, et al. Multitargeted antifolate LY231514 as first-line chemotherapy for patients with advanced non-small-cell lung cancer: a phase II study. National Cancer Institute of Canada Clinical Trials Group. J Clin Oncol. 1999;17(4):1194. http://dx.doi.org/10.1200/jco.1999.17.4.1194

3. Clarke SJ, Abratt R, Goedhals L, et al. Phase II trial of pemetrexed disodium (ALIMTA®, LY231514) in chemotherapy-naïve patients with advanced non-small-cell lung cancer. Ann Oncol. 2002;13(5):737-741. http://dx.doi.org/10.1093/annonc/mdf115

4. Payne AS, James WD, Weiss RB et. al., toxicity of chemotherapeutic agents. Seminars in Oncology, 01 Feb 2006, 33(1):86-97. https://doi.org/10.1053/j.seminoncol.2005.11.004

最終更新日: 2020 M05 22


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約