サインバルタ ® (デュロキセチン塩酸塩)

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

サインバルタ(デュロキセチン)の緑内障及び散瞳の副作用の発現頻度、及び発現機序は?

国内臨床試験の安全性評価対象例2079例において、閉塞隅角緑内障が1例、0.05%の発現頻度でした。

解説

緑内障及び散瞳の発現頻度は不明です1。国内臨床試験の安全性評価対象例2079例において、閉塞隅角緑内障が1例(慢性腰痛症に伴う疼痛の国内臨床試験)、0.05%の発現頻度でした2,3

デュロキセチンのノルアドレナリン再取り込み阻害作用により、緑内障又は眼内圧亢進の症状を悪化させるおそれがあります2-4

<参考>

一般的に、ノルアドレナリン神経系である交感神経が亢進しますと、瞳孔散大筋が収縮し散瞳が発現すると考えられています5。 

なお、コントロール不良の閉塞隅角緑内障患者への投与は禁忌、緑内障又は眼内圧亢進のある患者は慎重投与となっていますのでご注意ください1-3

 

 

[参考資料]

1. サインバルタ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cymbalta/PDF/CYM_PI.pdf

2. サインバルタ 承認時評価資料

3. サインバルタ インタビューフォーム https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cymbalta/PDF/CYM_IF.pdf

4. NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT,3,2,193-209,2007

5. NEW薬理学改訂第5, 南江堂, 2007; p236-239

最終更新日: 2020 M05 22

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約