サインバルタ ® (デュロキセチン塩酸塩)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

糖尿病性神経障害に伴う疼痛でのサインバルタ(デュロキセチン)の初期用量(20mg/日開始)の設定根拠は?

国内臨床試験の結果からデュロキセチンの初期用量を20mgとすることで,忍容性が高くなるため、初期用量を20mgとして1週間投与することとしました。

[解説]

糖尿病性神経障害に伴う疼痛でのデュロキセチンの初期用量(20mg)の設定根拠は以下の通りです。

うつ病・うつ状態の患者を対象とした優越性試験1)、及びオープンラベル試験2)においてデュロキセチンの初期用量を40mgに設定したところ、投与初期に有害事象による中止・脱落例が多く認められました。

その為、糖尿病性神経障害に伴う疼痛を対象とした全ての国内臨床試験では、被験者の安全性を考慮して初期用量を20mgとしました。結果、プラセボ対照試験である用量反応性試験及び優越性試験の投与開始1週間後の有害事象発現による中止率は以下の通りでした。


<用量反応性試験>

デュロキセチン20mg3.7%2/54例)、デュロキセチン40mg7.4%4/54例)、デュロキセチン60mg3.6%2/55例)、プラセボ群1.8%1/55例)

<優越性試験>

デュロキセチン併合群2.3%4/172例)、プラセボ群0.6%1/167例)


このことから初期用量を20mgとすることで、忍容性が高くなると判断し、初期用量を20mgとして1週間投与することが妥当とされました3) 4)


参考:

【デュロキセチン「糖尿病性神経障害に伴う疼痛」の承認用法及び用量(添付文書抜粋)】

通常、成人には11回朝食後、デュロキセチンとして40mgを経口投与する。投与は120mgより開始し、1週間以上の間隔を空けて1日用量として20mgずつ増量する。なお、効果不十分な場合には、160mgまで増量することができる4)



[引用元]

  1. 樋口輝彦ほか編・著, 臨床精神薬理, 12(7): 1595-1612, 2009CNS12787

  2. 筒井末春ほか編・著, 臨床精神薬理, 12(7): 1565-1577, 2009CNS12785

  3. サインバルタ(糖尿病性神経障害に伴う疼痛)申請資料概要CTD2.7.6.1.12.7.6.1.2(承認時評価資料)

  4. サインバルタ 添付文書

最終更新日: 2022年4月13日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約