ストラテラ ® (アトモキセチン塩酸塩)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ストラテラ(アトモキセチン)の投与中止時に発現する可能性のある副作用(離脱症状)は?

小児期ADHDの試験では、アトモキセチンを短期間投与後に漸減せずに中止した患者の2%以上にみられた中止時有害事象は咽頭炎(2.9%)、頭痛(2.0%)、発熱(2.0%)でした。成人期ADHDの試験では、アトモキセチンを漸減せずに中止した患者の有害事象は頻度が低く、臨床的に重要なものではありませんでした。

<小児期注意欠陥/多動性障害(ADHD)>

海外において、アトモキセチン短期間投与後中止した場合の影響を検討した結果1)では、アトモキセチンを漸減せずに中止した患者において、アトモキセチン中止時に2%以上にみられた有害事象は咽頭炎(2.9%)、頭痛(2.0%)、発熱(2.0%)でした。


<成人期ADHD

海外において、アトモキセチン短期間投与後中止した場合の影響を検討した結果1)では、アトモキセチンを漸減せずに中止した患者、漸減して中止した患者及びプラセボ投与の患者において、中止期間に認められた有害事象は、いずれも頻度が低く、臨床的に重要なものはありませんでした。



[参考資料]

1) Wernicke JF et al. Journal of Clinical Psychopharmacology 2004; 24 (1):30-35

最終更新日: 2019 M09 11


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約