ジプレキサ ® (オランザピン)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジプレキサ(オランザピン)は、胎盤通過性(胎児への移行)があるのか?

オランザピンは胎盤を通過し、胎児へ移行することが報告されています。

解説

ラットにオランザピンを投与した場合に、オランザピン及びその代謝物はわずかながら胎盤を通過し、胎児にも分布する可能性が明らかとなっています1。また、ヒトにおいても、オランザピンは胎盤を通過し、胎児へ移行することが報告されています2,3

 

 

[参考資料]

1. ジプレキサ インタビューフォーム https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Zyprexa/PDF/ZYP_TAB_FG_ZYD_IF.pdf

2. Stingl J, Berghöfer A, Bolk-Weischedel D. Healthy outcome under olanzapine treatment in a pregnant woman. Pharmacopsychiatry. 2000;33(2):78-80. http://dx.doi.org/10.1055/s-2000-7974

3. Newport DJ, Calamaras MR, DeVane CL, et al. Atypical antipsychotic administration during late pregnancy: placental passage and obstetrical outcomes. Am J Psychiatry. 2007;164(8):1214-1220. http://dx.doi.org/10.1176/appi.ajp.2007.06111886

最終更新日: 2019 M06 19


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約