ジェムザール ® (ゲムシタビン塩酸塩)

(ゲムシタビン塩酸塩)

添付文書

以下の回答は質問にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジェムザール(ゲムシタビン)を高齢者に投与する場合に注意することは?

高齢者では、腎機能、肝機能等の生理機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続するおそれがあります。骨髄抑制等の副作用発現に注意し、慎重に投与してください。

解説

高齢者では、腎機能、肝機能等の生理機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続するおそれがあります。骨髄抑制等の副作用発現に注意し、慎重に投与してください1

なお、国内臨床試験において、高齢者(65歳以上)では、骨髄抑制に伴う副作用の頻度及び程度が増強する傾向が認められています2

また、海外の試験では、血漿クリアランスが年齢によって影響を受けることが示唆されており、高齢者では、血漿クリアランスが減少する傾向を認めました。しかしながら、血漿クリアランスは比較的高値のため、投与量を減じる必要はないものと考えられました2

[参考資料]

1. ジェムザール 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Gemzar/PDF/GEM_PI.pdf

2. 社内資料

最終更新日: 2017 M09 26

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

オンライン面談予約