トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

(実際に使用した場合に)前回と比べて、トルリシティ(デュラグルチド)の注射が早く(又は遅く)終わったように感じたが大丈夫か?

2回目の音が早く(又は遅く)聞こえた場合でも、注入器の透明な部分に灰色のゴムピストンが見えていれば薬液は全量排出されています。

[解説]

2回目の音が早く(又は遅く)聞こえた場合でも、注入器の透明な部分に灰色のゴムピストンが見えていれば薬液は全量排出されています1

アテオスの透明な底面を皮膚にしっかりと密着させたまま緑色の注入ボタンを押しきると、1回目のカチッという大きな音が聞こえます。その後針が皮膚に刺さり薬液全量が注入された後、針が自動で格納される機構が働き、針がアテオス本体内に格納される際に2回目の音が鳴ります1

注射部位の皮膚を強くつまんだ場合などは針先から受ける抵抗が大きくなるため、薬液が全量排出されるまでに要する時間は長くなりなります。逆に、針に負荷がかからない状態で注入ボタンを押した場合は針先に抵抗を受けないため、薬液が全量排出されるまでに要する時間は短くなります。

アテオスはばねの動力により薬液を皮下へ投与しますが2、一般的に皮下組織における薬液の流れ具合(抵抗)は患者さんや注射部位によっても異なるため、2回目の大きなカチッという音が鳴るまでは注入器を皮膚から離さないでください。すぐに皮膚から離してしまうと、正しい投与量が注射されないことがあります1


[引用元]

1. トルリシティ 取扱説明書

2. トルリシティ 審査報告書

最終更新日: November 29, 2021


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約