トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

脳下垂体機能不全又は副腎機能不全、栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足又は衰弱状態、激しい筋肉運動、過度のアルコール摂取者に対してトルリシティ(デュラグルチド)が慎重投与なのはなぜか?これらの患者に投与できるのか?

これらの状態にある患者は血糖値の変動が激しく、低血糖を起こしやすいことから、慎重投与とされております。デュラグルチドをこれらの状態にある患者さんに投与する場合は、低血糖などの副作用の発現を含め患者の症状を十分に観察の上、慎重にご使用頂けますようお願いします。

解説

これらの状態にある患者さんは血糖値の変動が激しく、低血糖を起こしやすいことから、慎重投与とされております。デュラグルチドをこれらの状態にある患者さんに投与する場合は、低血糖などの副作用の発現を含め患者の症状を十分に観察の上、慎重にご使用頂きますようお願いします1

また、デュラグルチドの使用にあたっては患者に対し、低血糖症状及びその対処方法について十分ご説明ください。特に、スルホニル尿素剤、速効型インスリン分泌促進剤又はインスリン製剤と併用する場合、低血糖のリスクが増加するおそれがあります。これらの薬剤と併用する場合、低血糖のリスクを軽減するために、これらの薬剤の減量をご検討ください1

なお、過度のアルコール摂取は急性膵炎のリスクファクターであると考えられます。デュラグルチドの重大な副作用としての急性膵炎が報告されておりますので、ご注意頂きますようお願いします1,2

[参考資料]

1. トルリシティ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Trulicity/PDF/TLC_PI.pdf

2. 急性膵炎診療ガイドライン2015, 25, 2015

最終更新日: 2020 M08 14


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約