トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)が皮下から吸収されるメカニズムは?

デュラグルチドは、分子量が約63,000と大きく、リンパ系を介して吸収されるため、全身循環への移行が遅く、最高血漿中濃度到達時間(tmax)が長くなると考えられています。

[解説]

一般に、高分子化合物は間質液から多孔性リンパ管に取り込まれます。リンパ液は血管系にゆっくりと流れ込むことから、投与部位からの高分子化合物の吸収は長時間にわたります。デュラグルチドは、分子量が約63,000と大きく、リンパ系を介して吸収されるため、全身循環への移行が遅く、最高血漿中濃度到達時間(tmax)が長くなると考えられています1

<参考>

国内第3相臨床試験(GBDP試験の一部の被験者による薬物動態評価)において、日本人2型糖尿病患者24例にデュラグルチド0.75 mgを初回に投与したときのtmax(中央値)は50.33時間でした。5回目投与後の定常状態におけるtmax48.00時間でした2

[引用元]

1. トルリシティ 審査報告書

2. トルリシティ 申請資料概要(CTD2.7.2.2.2.1.2.2

最終更新日: 2020年9月09日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約