インスリン グラルギン BS注「リリー」 (インスリン グラルギン(遺伝子組換え)[インスリン グラルギン後続1])

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

インスリン グラルギンBS注「リリー」を投与して、抗インスリン抗体高値となったときの対処法は?

血糖コントロールが良好であれば特別な対処は必要ありません。血糖コントロールが悪化している場合には、ステロイド投与や製剤変更をご検討ください。

インスリン投与患者に認められるインスリン抗体は珍しいものではなく、皮下の貯蔵インスリンが放出される際にインスリン濃度が大きく変わったり、不定になったりするのを防ぐように働くとも言われています1)

インスリン抗体が発現した場合でも、血糖コントロールが良好であれば、特別な対処は必要ありません。

ただし、抗体による臨床的な症状として稀ではありますが、インスリン抗体に伴うインスリン抵抗性などが原因で血糖コントロールが悪化した場合には、ステロイドの投与や製剤変更が必要な場合があります2)

なお、ステロイドを使用する場合ステロイドの効果が大きく、急激に抗体価が下降すると同時に低血糖になる症例があるため注意が必要です2)



[参考資料]

1) 金澤康徳ほか 監訳. ジョスリン糖尿病学, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 1995; p478-486

2) 小林正 編. インスリン療法マニュアル第4, 文光堂, 2008; p140-144

最終更新日: 2017 M12 01

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約