インスリン グラルギン BS注「リリー」 (インスリン グラルギン(遺伝子組換え)[インスリン グラルギン後続1])

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

インスリングラルギンBS注「リリー」でアレルギーが発生した場合の対処方法は?

一般にインスリン製剤によってアレルギーが起こった場合の処置としては、抗ヒスタミン剤や副腎皮質ステロイドの投与、他のインスリン製剤への切り替え等が行われます。

解説

一般にインスリン製剤によってアレルギーが起こった場合の処置としては、以下の方法がとられます1

 

抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイドの投与

  (ただし、副腎皮質ステロイドは糖尿病を増悪させることがある。)

他のインスリン製剤への切り替え

脱感作療法

[参考資料]

1. ジョスリン糖尿病学, 監訳 金澤康徳ほか, 1995; p478-486

最終更新日: 2020 M08 20


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約