インスリン グラルギン BS注「リリー」 (インスリン グラルギン(遺伝子組換え)[インスリン グラルギン後続1])

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ランタス®XR注(インスリングラルギン300単位/mL製剤)からインスリングラルギンBS注「リリー」へ切り替える場合の初期用量と注意点は?

通常初期用量は、前治療のインスリングラルギン300単位/mL 製剤の1 日投与量と同単位よりも低用量を目安として投与を開始してください。また、切り替えにより併用している速効型インスリン製剤、超速効型インスリンアナログ製剤又は他の糖尿病用薬の投与量及び投与スケジュールの調整が必要となることがあるので注意してください。

<初期用量>

通常初期用量は、前治療のインスリン グラルギン300単位/mL製剤の1日投与量と同単位よりも低用量を目安として投与を開始してください。また、その後の患者の状態に応じて用量を増減してください1)


<注意点>

インスリン グラルギン300単位/mL製剤からインスリン グラルギンBS注「リリー」に変更する場合、併用している速効型インスリン製剤、超速効型インスリンアナログ製剤又は他の糖尿病用薬の投与量及び投与スケジュールの調整が必要となることがあるので注意してください1)

インスリングラルギン300単位/mL製剤からインスリン グラルギンBS注「リリー」への切り替え時には、前治療のインスリン グラルギン300単位/mL製剤の1日投与量よりも低用量での切り替えを考慮するとともに、切り替え時及びその後しばらくの間は血糖モニタリングを慎重に行ってください1)

なお、インスリン グラルギンBS注「リリー」とインスリン グラルギン300単位/mL製剤では薬物動態が異なります。

インスリン グラルギン300単位/mL製剤からインスリン グラルギン100単位/mL製剤への切り替え時に低血糖の発現が増加したとの報告がございますのでご注意ください1)



[参考資料]

1) インスリン グラルギンBS注「リリー」 添付文書

最終更新日: 2019 M07 18

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約