インスリン グラルギン BS注「リリー」 (インスリン グラルギン(遺伝子組換え)[インスリン グラルギン後続1])

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

腎機能障害患者にインスリン グラルギンBS注「リリー」を投与できるか?

重篤な腎機能障害患者に対するインスリン グラルギンBS注「リリー」の投与は、低血糖を起こしやすいため、慎重投与となっています。

重篤な腎機能障害患者に対するインスリン グラルギンBS注「リリー」の投与は、低血糖を起こしやすいため、慎重投与となっています1)


一般にインスリンでは軽度の腎機能障害[糸球体濾過量(GFR)>40 mL/min]では、腎臓のインスリンクリアランスに変化を認めませんが、GFR1520 mL/min以下になるとインスリンクリアランスが低下、インスリンの血中半減期は延長することが知られています2)。したがって、重篤な腎機能障害患者では、用量の設定を慎重に行ってください。

また、個々の症例によって作用延長時間等は異なるため、血糖値を測定しながら適宜調整してください。



[参考資料]

1) インスリン グラルギンBS注「リリー」 添付文書

2) 石川和夫ほか. 臨牀透析 1987; 3(1):23-26

最終更新日: 2019 M07 03


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約