インスリン グラルギン BS注「リリー」 (インスリン グラルギン(遺伝子組換え)[インスリン グラルギン後続1])

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

透析はインスリン グラルギンBS注「リリー」の血中濃度に影響するか?

分子量から考えて、インスリンの透析性は低いと考えられるものの、透析に使用するダイアライザーへの吸着の影響で血中インスリン濃度は低下する可能性があります。

ヒトインスリンについては分子量から考えて、インスリンの透析性は低いとされていますが1)、具体的な除去率(透析性)のデータはありません。

インスリングラルギンの分子量は6062.89とヒトインスリンより大きく、同様に透析性は低いものと考えられます。


一方で、日本透析医学会の「血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012」では、インスリン治療中の糖尿病血液透析患者の血中インスリン濃度は透析中に低下する、透析による血中インスリンの減少は、主にダイアライザーへの吸着によるものと考えられ、血中インスリン濃度の低下の程度はダイアライザーの種類によって異なるとされています2)


以上より、インスリンの透析性は低いと考えられるものの、透析に使用するダイアライザーへの吸着の影響で血中インスリン濃度は低下することが示唆されます。



[参考資料]

1) 前田貞亮 監修. 糖尿病と透析療法, 日本メディカルセンター, 1996; p136-143

2) 日本透析医学会. 日本透析医学会雑誌 2013; 46(3):311-357

最終更新日: 2019 M07 03


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約