インスリン グラルギン BS注「リリー」 (インスリン グラルギン(遺伝子組換え)[インスリン グラルギン後続1])

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

インスリン グラルギンBS注「リリー」投与による低血糖の危険因子は?

重篤な肝又は腎機能障害、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全、下痢、嘔吐等の胃腸障害、飢餓状態、不規則な食事摂取、激しい筋肉運動、過度のアルコール摂取者、高齢者、血糖降下作用を増強する薬剤との併用については低血糖を起こしやすい為、慎重に投与してください。

他のインスリン製剤と同様に、低血糖を起こしやすい患者又は状態として以下が挙げられます1)

慎重に投与してください。


重篤な肝又は腎機能障害

脳下垂体機能不全又は副腎機能不全

下痢、嘔吐等の胃腸障害

飢餓状態、不規則な食事摂取

激しい筋肉運動

過度のアルコール摂取者

高齢者

血糖降下作用を増強する薬剤との併用



[参考資料]

1) インスリン グラルギンBS注「リリー」 添付文書

最終更新日: 2017 M12 01

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約