インスリン グラルギン BS注「リリー」 (インスリン グラルギン(遺伝子組換え)[インスリン グラルギン後続1])

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

インスリン グラルギンBS注「リリー」を過量投与したときの症状は?

インスリン グラルギンBS注「リリー」の過量投与により、低血糖が発現する可能性があります。 低血糖の症状は、脱力感、倦怠感、高度の空腹感、冷汗、顔面蒼白、動悸、振戦、頭痛、めまい、嘔気、知覚異常、不安、興奮、神経過敏、集中力低下、精神障害、痙攣、意識障害等です。

解説

インスリン グラルギンBS注「リリー」の過量投与により、低血糖が発現する可能性があります1

低血糖の症状は、脱力感、倦怠感、高度の空腹感、冷汗、顔面蒼白、動悸、振戦、頭痛、めまい、嘔気、知覚異常、不安、興奮、神経過敏、集中力低下、精神障害、痙攣、意識障害(意識混濁、昏睡)等があります。とくに徐々に進行する低血糖では、精神障害、意識障害等が主である場合があります。また、長期にわたる糖尿病、糖尿病性神経障害、β遮断剤投与あるいは強化インスリン療法が行われている場合では、低血糖の初期の自覚症状(冷汗、振戦等)が通常と異なる場合や、自覚症状があらわれないまま、低血糖あるいは低血糖性昏睡に陥ることがあります1

本剤の投与により低血糖症が起こることがあります。本剤は血液中のインスリン濃度を約24時間、ほぼ一定に保つように作られており、低血糖症が起こる時間帯は特定することができません。常日頃から低血糖症に対する対応を心がけて下さい2,3

[参考資料]

1. インスリン グラルギンBS注カート「リリー」/インスリン グラルギンBS注ミリオペン「リリー」 添付文書 https://www.lillymedical.jp/assets/ja-jp/documents/GLY_PI.pdf

2. インスリン グラルギン BS注「リリー」 カートリッジ製剤を注射される患者さんへ https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/InsulinGlargineBS/PDF/GLY_CART_CHUIBUNSHO.pdf

3. インスリン グラルギン BS注「リリー」 ミリオペン製剤を注射される患者さんへ https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/InsulinGlargineBS/PDF/GLY_MIRIO_CHUIBUNSHO.pdf

Lillymedical.jp◆

最終更新日: 2020 M10 26


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約