ジプレキサ ® (オランザピン)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジプレキサ(オランザピン)の体重増加、肥満の発現時期は?

発現時期は、患者により異なりますが、国内臨床試験では、20週までは比較的急速に増加し、その後穏やかになりました。

[解説]

患者によって異なりますが、参考までに、統合失調症の国内臨床試験時の平均体重変化量は、オランザピン経口服用後6週、16週、20週時点でそれぞれ1 kg2.15 kg3.21 kgと比較的急速に増加し、その後穏やかになり32週、52週(約1年)ではそれぞれ4.06 kg4.3 kgでした1)


また、市販後特定使用成績調査においては、平均体重はベースライン時58.9 kgに対し、1ヵ月後59.5 kg3ヵ月後60.1 kg6ヵ月後60.4 kg9ヵ月後60.9 kg12ヵ月後61.0 kgでした2)


双極性障害の躁症状を対象にした海外長期試験の併合成績では、オランザピン投与開始から12ヵ月までの体重増加の有害事象発現のハザード率の推移を解析した結果、初発の有害事象発現のハザード率は以下の通りでした3)





[引用元]

  1. 久米 明人, 栗林 和彦, 田中 洋子: 日本の精神分裂病患者におけるOLANZAPINE治療と体重変化. 臨床精神薬理, 4(10): 1441-1458, 2001CNS05639

  2. 西馬 信一, 高垣 範子, 盛谷 美和 他: 統合失調症におけるolanzapineの前向き市販後特別調査の最終結果報告. 臨床精神薬理, 11(6): 1107-1124, 2008CNS12344

  3. ジプレキサ(双極性障害における躁症状の改善)申請資料概要CTD2.7.4.2.1.1.2.3.4(承認時評価資料)

最終更新日: 2022年5月26日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約