ジプレキサ ® (オランザピン)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジプレキサ(オランザピン)の食欲亢進の発現機序、対処法は?

食欲亢進の発現機序としては、セロトニン(5-HT2c)やヒスタミン(H1)レセプターの拮抗作用、摂食調節ペプチドのグレリンとの関連などが考えられています。オランザピンでの食欲亢進に対する特別な対処法というものは特にありませんが、一般的な対処法として、食欲亢進に伴う体重増加には、運動・食事療法や薬物療法などがあります。

<発現機序>

セロトニン(5-HT2c)やヒスタミン(H1)レセプター等の相互作用が関連していると考えられています1)。その他にも摂食調節ペプチドのグレリンとの関連などが考えられています2)


<一般的な対処法>

オランザピンでの食欲亢進に対する特別な対処法というものは特にありません。

一般的な対処法として、食欲亢進に伴う体重増加には、運動・食事療法などがあります。



[参考資料]

1) Roerig JL, Steffen KJ, Mitchell JE. Atypical antipsychotic-induced weight gain: insights into mechanisms of action. CNS Drugs. 2011 Dec 1;25(12):1035-59. doi: 10.2165/11596300-000000000-00000.

2) 村下真理ほか. 精神科 2006; 8(4):320-324

最終更新日: 2019 M06 19


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約