ジプレキサ ® (オランザピン)

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジプレキサ(オランザピン)のQTc延長の発現機序、対処法は?

抗精神病薬による機序として、心臓のイオンチャネルの変化、特に、Kチャネルの再分極、hERG (human ether-a-go-go related gene)チャネルとの関連が考えられています。また、一般的な対処法を以下の通りご紹介します。

<一般的な発現機序>

抗精神病薬による機序として、心臓のイオンチャネルの変化、特に、Kチャネルの再分極、hERG human ether-a-go-go related gene)チャネルとの関連が考えられています1),2)


<一般的な対処法>

抗精神病薬を含めた向精神薬によるQTcに関する総説に、QT延長・TdP Torsade de Pointes、トルサード・ド・ポワント)の予防と対策について紹介されています1)


[予防]

  • 薬物療法の開始にあたり、患者背景の評価(心電図、低カリウム血症の有無)を行い、QT延長の危険因子の有無を確認する。

  • 薬物療法は少量から始め増量はゆるやかとし、できるだけ単剤が望ましく過量投与を避ける。

  • やむをえず、静注や高用量の急性投与を行う場合は、TdPに対する対策としてバイタルの監視を密に行い、場合によって心電図のモニタリングを行う。

  • 維持療法中は、QT延長でみられる症状(めまい、失神、けいれん、転倒)の出現に注意する。

  • 不整脈の早期発見のため日常的なバイタルの確認、定期的な心電図と血液検査、薬物血中濃度の測定も合わせて行う。


[対策]

  • QT延長が疑われる場合はホルター心電図が診断に役立つ。

  • QTc 500 ms以上となったらTdPの危険性が高いと考え、薬物を中止し、循環専門医に相談する。

  • 一般的に原因薬物を中止すればTdPを防止できる可能性が高い。

  • 同時に電解質異常など身体的背景の補正を行う。

  • 治療としては、一般的なペーシングや硫酸マグネシウム、イソプロテレノールの投与などがなされます3)



[参考資料]

1) 坂田深一ほか. 臨床精神医学 2007; 36():142-147

2) Crumb WJ Jret al. Pharmaceutical Research 2006; 23(6):1133-1143

3) 四倉正之. 臨床精神薬理 2001; 49:1295-1301

最終更新日: 2019 M06 19


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約