ジプレキサ ® (オランザピン)

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジプレキサ(オランザピン)の眠気、傾眠、鎮静の発現機序、対処法は?

一般的な抗精神病薬による眠気、傾眠、鎮静の発現機序として、中枢性のα1、H1、5-HT2A、5-HT2C受容体の遮断作用が考えられています。オランザピンでの眠気に対する特別な対処法というものは特にありませんが、一般的な対処法として、夕食後や就寝前に投与するなどの方法が考えられます。

<一般的な発現機序>

抗精神病薬による眠気、傾眠、鎮静の発現機序として、中枢性のα1H15-HT2A5-HT2C受容体の遮断作用が考えられています1)


<一般的な対処法>

オランザピンでの眠気に対する特別な対処法というものは特にありません。一般的な対処法として、夕食後や就寝前に投与するなどの方法が考えられます。

抗精神病薬含めた向精神薬の眠気に関する総説でも、就寝前投与や減量又はα1H1受容体遮断作用の少ない抗精神病薬への変更を考慮するとされています1)



[参考資料]

1) 渡邊衡一郎 精神科治療薬22(増) 2007; 22(11):9-13

最終更新日: 2019 M06 19


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約