ベージニオ ® (アベマシクリブ)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

<効能共通> ベージニオ(アベマシクリブ)の副作用「骨髄抑制(好中球減少症・白血球減少症・血小板減少症・リンパ球減少症・貧血)」の発現機序、危険因子は?

CDK4及び6阻害剤に共通する副作用として骨髄抑制が挙げられ、CDK4及び6とサイクリンDとの複合体形成を阻害することが作用機序と考えられています。

[解説]

CDK4及び6阻害剤は、CDK4及び6とサイクリンとの複合体のキナーゼ活性を阻害します。
CDK6‐
サイクリンD3複合体は骨髄での造血幹細胞の成熟に特に関連しており、造血幹細胞の静止期からの移行を促進することから、CDK6‐サイクリンD3複合体のキナーゼ活性を阻害することで骨髄抑制を示すと考えられます1)2)

転移性乳癌患者を対象としたMONARCH 2試験及びMONARCH 3試験では、総活性物質のCmax,ss,total と好中球産生阻害に非線形ながら正の関連性が認められ、アベマシクリブの曝露量の増加に伴い好中球数が減少することが示唆されました3)4)

monarchE試験においても同じモデリング手法を用い、好中球数減少の曝露量-反応解析を実施した結果、早期乳癌患者と転移性乳癌患者の総活性物質のCmax,ss,total と好中球産生阻害の関係は同様でした4)

また、好中球減少症の発現割合は全体集団より日本人集団で高い傾向が認められましたが、現時点で好中球減少症を含む骨髄抑制の発現に関する危険因子は特定されていません3)

[引用元]

1) Asghar U, Witkiewicz AK, Turner NC, Knudsen ES. The history and future of targeting cyclin-dependent kinases in cancer therapy. Nat Rev Drug Discov. 2015 Feb;14(2):130-46.

2) Malumbres M, Barbacid M. To cycle or not to cycle: a critical decision in cancer. Nat Rev Cancer. 2001 Dec;1(3):222-31.

3) ベージニオ 申請資料概要(承認時評価資料) 初回承認時CTD 2.5.5.2.6

4) ベージニオ 申請資料概要(承認時評価資料) 追加承認時 CTD 2.5.3.1.2.1.1

最終更新日: 2021年12月24日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約