ベージニオ ® (アベマシクリブ)

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ベージニオ(アベマシクリブ)の副作用「下痢」の対処法、予防法は?

下痢の兆候(軟便傾向)が認められた場合には、ロペラミド等の止瀉薬及び水分補給にて対処してください。適切な対症療法を行ってもグレード2以上の下痢が継続する場合には、アベマシクリブを休薬又は減量するなど、適切な処置を行ってください。患者に対してあらかじめ下痢が発現する可能性があることを説明し、症状が認められた場合の対処方法(水分補給、止瀉薬の使用法等)について指導してください。

解説

  • 下痢の兆候(軟便傾向)が認められた場合には、ロペラミド等の止瀉薬及び水分補給にて対処してください1,2

  • 適切な対症療法を行ってもグレード2 以上の下痢が継続する場合には、本剤を休薬又は減量するなど、適切な処置を行ってください3

  • 感染など本剤以外の原因が考えられる場合は、止瀉薬の投与は慎重に検討してください4

1. 下痢発現時に推奨される本剤の用量調節1,3,5

患者への指導

本剤投与開始前2

  • 普段の排便状況(回数、性状等)や便秘薬の服用状況を確認してください。

  • 本剤服用後に下痢があらわれる可能性があること、下痢の兆候(軟便傾向等)があらわれた際の対応(止瀉薬の服用、水分補給)について、あらかじめ指導してください。

  • 脱水症状(めまい、頭痛、尿量減少、濃縮尿等)を認める場合は、本剤を休薬し病院へ連絡するよう指導してください。

下痢の発現後2

  • 下痢の発現パターン(回数、性状、発現タイミング)や止瀉薬の服用状況を確認し、下痢の発現パターン及び個々の患者のライフスタイルに応じた止瀉薬の服用方法を指導してください。

[参考資料]

1. 社内資料

2. ベージニオ 適正使用ガイド https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Verzenio/PDF/ABE_TEKISEI_GUIDE.pdf

3. ベージニオ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Verzenio/PDF/ABE_PI.pdf

4. 厚生労働省: 重篤副作用疾患別対応マニュアル「重度の下痢」(平成22 3 月)

5. ベージニオ 承認時評価資料

最終更新日: 2020 M05 18


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約