本セクションは、関連するトピックをまとめて国内の医療関係者向けに掲載しています。

Education Image

OnPALETTE🄬 乾癬性関節炎ハンズオン教育プログラム

OnPALETTE🄬 (オンパレット)は,日本乾癬学会と日本脊椎関節炎学会,日本イーライリリー株式会社が共同で作成した,両学会認定の乾癬性関節炎(PsA)教育プログラムです。

さらに詳しく​
Education Image

アトピー性皮膚炎における患者教育

アトピー性皮膚炎の患者教育における主な課題は,患者と医師のコミュニケーションの改善である。医師は複雑な疾患について患者にわかりやすく説明し,治癒への期待に適切に向き合う必要がある。患者教育は良好なアドヒアランス維持のためにも必要である。

さらに詳しく​
Education Image

アトピー性皮膚炎の外用療法と全身療法

外用療法では特に治療アドヒアランス維持・向上の指導が必要だが,そのポイントは患者タイプごとに異なる。全身療法では皮膚の重症度に加え,QOLや生活への影響の評価が重要であり,さらに患者の意向に沿う治療選択を考慮し,治療効果の継時的評価も行う。​

さらに詳しく​
Education Image

成人におけるアトピー性皮膚炎の診断・評価・管理

年代に応じて臨床像が変化するのが,アトピー性皮膚炎の特徴の1つである。特に成人においては鑑別疾患も多く,感染症や関連疾患に留意する必要がある。慢性疾患であるため,長期コントロールが最も重要である。

さらに詳しく​
Education Image

アトピー性皮膚炎の多様性

アトピー性皮膚炎には発症年齢や疾患の持続性,病変の部位や重症度,遺伝的素因,刺激・誘発因子など,さまざまな側面において多様性があり,これらの認識は診断や治療方針決定に非常に重要である。さらには時間経過に伴う病状の変化も認識すべきである。

さらに詳しく​
Education Image

アトピー性皮膚炎がQOLに及ぼす影響

アトピー性皮膚炎は患者だけでなく,しばしば家族のQOLをも大きく低下させる。痒みだけでなく疼痛の改善も必要となる。見た目,痒みや痛みは患者の人生の選択肢やコミュニケーション能力にも影響する可能性があり,QOLへの対処は非常に重要である。

さらに詳しく​
Education Image

アトピー性皮膚炎の病態生理

アトピー性皮膚炎は免疫異常と皮膚バリア機能異常が複雑に絡み合って形成される多病因性の疾患であり,遺伝的素因に環境因子が加わることで発症する。病態形成に中心的役割を果たすのはT細胞であり,さまざまなTh細胞サブセットが免疫調整に関わっている。

さらに詳しく​

動画と関連資料

本セクションは、動画と関連資料を疾患ごとに掲載しています。

OnPALETTE® 乾癬性関節炎ハンズオン教育プログラム

乾癬性関節炎の触診

乾癬性関節炎の触診

乾癬

「患者ニーズを意識した乾癬診療:痒みに注目する」 第1回:乾癬の痒みの疫学と特徴

「患者ニーズを意識した乾癬診療:痒みに注目する」 第2回:乾癬の痒みの機序と対処への考え方

「患者ニーズを意識した乾癬診療:陰部乾癬を考える」 第1回:陰部乾癬の疫学

「患者ニーズを意識した乾癬診療:陰部乾癬を考える」 第2回:陰部乾癬の臨床的特徴

「患者ニーズを意識した乾癬診療:陰部乾癬を考える」 第3回:陰部乾癬へのアプローチ

「患者ニーズを意識した乾癬診療:痒みに注目する」 第1回:乾癬の痒みの疫学と特徴

「患者ニーズを意識した乾癬診療:痒みに注目する」 第2回:乾癬の痒みの機序と対処への考え方

「患者ニーズを意識した乾癬診療:陰部乾癬を考える」 第1回:陰部乾癬の疫学

「患者ニーズを意識した乾癬診療:陰部乾癬を考える」 第2回:陰部乾癬の臨床的特徴

「患者ニーズを意識した乾癬診療:陰部乾癬を考える」 第3回:陰部乾癬へのアプローチ


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約