本セクションは、関連するトピックをまとめて国内の医療関係者向けに掲載しています。

Online Learning Card

OnPALETTE🄬 乾癬性関節炎ハンズオン教育プログラム

OnPALETTE🄬 (オンパレット)は,日本乾癬学会と日本脊椎関節炎学会,日本イーライリリー株式会社が共同で作成した,両学会認定の乾癬性関節炎(PsA)教育プログラムです。

さらに詳しく​
Online Learning Card

Alopecia Areata 【新着】

円形脱毛症患者さんには“毛が抜ける”、“毛が生えてこない”という事実を超えた疾病負荷が存在します。今改めて、円形脱毛症の疾病負荷を含め、病態、発症機序、診断等についてエキスパートにご監修いただいた動画をご紹介します。

さらに詳しく​
Online Learning Card

アトピー性皮膚炎 診療コミュニケーション Bad&Good

日常診療でありがちな医師とアトピー性患者さんとの診察室での困ったやりとりを再現ドラマで展開。「わかってはいるけど、忙しいとつい・・」という残念でBadな診療が、少しのコツや工夫でGoodな診療に。

さらに詳しく​
Online Learning Card

Voices アトピー性皮膚炎患者さんの本音

アトピー性患者さんは、どんなことを思い、どんなふうに病気と付き合っているのでしょうか。個別インタビューで語られた治療に関わる思いや経験を、それぞれの患者さんの言葉でご紹介します。

さらに詳しく​
Online Learning Card

アトピー性皮膚炎の多様性

アトピー性皮膚炎には発症年齢や疾患の持続性,病変の部位や重症度,遺伝的素因,刺激・誘発因子など,さまざまな側面において多様性があり,これらの認識は診断や治療方針決定に非常に重要である。さらには時間経過に伴う病状の変化も認識すべきである。

さらに詳しく​
Online Learning Card

アトピー性皮膚炎の病態生理

アトピー性皮膚炎は免疫異常と皮膚バリア機能異常が複雑に絡み合って形成される多病因性の疾患であり,遺伝的素因に環境因子が加わることで発症する。病態形成に中心的役割を果たすのはT細胞であり,さまざまなTh細胞サブセットが免疫調整に関わっている。

さらに詳しく​
Online Learning Card

成人におけるアトピー性皮膚炎の診断・評価・管理

年代に応じて臨床像が変化するのがアトピー性皮膚炎の特徴の1つである。特に成人においては鑑別疾患も多く,感染症や関連疾患に留意する必要がある。慢性疾患であるため,長期コントロールが最も重要である。

さらに詳しく​
Online Learning Card

アトピー性皮膚炎の外用療法と全身療法

外用療法では特に治療アドヒアランス維持・向上の指導が必要だが,そのポイントは患者タイプごとに異なる。全身療法では皮膚の重要度に加え,QOLや生活への影響の評価が重要であり,さらに患者の意向に沿う治療選択を考慮し,治療効果の継続的評価も行う。

さらに詳しく​

動画と関連資料

本セクションは、動画と関連資料を疾患ごとに掲載しています。

OnPALETTE® 乾癬性関節炎ハンズオン教育プログラム

連携事例1:早期の連携により比較的まれな症例を両科で共有できた事例

連携事例2:リウマチ科での頭皮皮疹などの発見により皮膚科と連携し確定診断できた事例

連携事例3:膠原病内科からの紹介で、早期に確定診断に至った関節症状先行型の事例

連携事例4:長い間見過ごされていたPsAが病診連携により確定診断を得た事例

連携事例5:皮膚科間の病診連携、リウマチ科との院内連携で適切な鑑別診断ができた事例

連携事例1:早期の連携により比較的まれな症例を両科で共有できた事例

連携事例2:リウマチ科での頭皮皮疹などの発見により皮膚科と連携し確定診断できた事例

連携事例3:膠原病内科からの紹介で、早期に確定診断に至った関節症状先行型の事例

連携事例4:長い間見過ごされていたPsAが病診連携により確定診断を得た事例

連携事例5:皮膚科間の病診連携、リウマチ科との院内連携で適切な鑑別診断ができた事例

アトピー性皮膚炎


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約